読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気がなくなり回復の兆しは見えず

  今日は彼岸の中日だったが、ゆうまが外出出来ないからお墓参りに行くことが出来なかった。お彼岸にお墓参りに行かなかったのはパパの記憶の中では初めてだがしょうがない。朝は7時すぎには目を覚ましたが、8時30分すぎに自分で起きてきた。ラーメン屋さんに行くと言ったことでママとケンカになり、大声を出してママ嫌いと言っていた。大声を出せるくらいだから元気はあるかもしれない。すぐに朝ご飯を食べて、うどんを食べたり、タラの魚を食べたがり、少し食べた。とりあえず気持ち悪くはなさそうだったので最後にすりおろしりんごを食べ、食べすぎたのか気持ち悪そうな顔をしていたが、何とか大丈夫そうだった。大事を取って寝室に移動してDVDを見たりしていた。布団を干すタイミングで一度外にゆうまを抱っこして連れて行ったのだが、あまり嬉しそうではなかった。今日は暖かかったのだが、寒いと言ってすぐに中に入りたがった。せっかく日光浴をさせようと思ったが、もくろみは失敗に終わった。あまりお外に行きたくないということはまだまだ本調子ではないことを意味していた。明日も幼稚園に行くのは難しいかもしれない。そのまま午前中いっぱいはずっと見ていた。

  パパがお昼前に図書館に行って来たのだが、帰ったときもまだ見続けていた。紙芝居を借りて来なかったことに腹を立てて、すぐに借りて来てと大泣きが始まった。ゆうまが見ないだろうと借りて来なかったが、手元に1冊はないと安心出来ないようだ。落ち着いてからお昼ご飯を布団で食べた。うどんだったがあまり食べなかった。寝てばかりだから食欲もなくなったか。元気がないわけではないとは思うが、まるで病人のような生活だ。食べ終わってからもまたDVDを見ていた。見すぎかなと思い途中でやめさせたら、今度はユーチューブを見たいと言い出した。少し目を休ませなさいとママが怒ったらパニックになってしまった。ママ怖いと言っていた。そのまま布団に横になっていたら寝てしまい、1時間ちょっとは昼寝をした。起きてボーッとしているときにばあばが差し入れを持って来てくれた。いつもなら嬉しくなってばあばに寄っていくのだが、元気のない姿にばあばも心配していた。ばあばが帰ってからは一度はリビングに行ったのだが、カーペットに寝るだけで何もしようとせず、ママに促されて布団に戻った。戻ってからもただ横になるばかりで動くことはなかった。体調は戻って来ているはずだが、まったく躍動感はなく、元気になる回復の兆しが見えなかった。本当にこのまま寝たきりになってしまうのではないかと心配してしまうほどの元気のなさだっだ。

  でも、夜ご飯の時間くらいからお腹がすいてきて催促が始まり、待ちきれなくなってばあばからもらった里芋の煮物を先に食べることになった。リビングに来て食べたのだが、おいしかったのか、何個も食べたがった。そのうちにワカメのおかゆが出来ると、そっちもおいしかったらしく結構食べた。タラの魚やバナナも半分くらい食べて、吐かないか心配したが大丈夫だった。食べた後にユーチューブを見ていた。ゆうまが見ているときにおならの匂いが充満していたから臭いなと思っていたら、オムツを替えると言い出し、何とうんちをしていた。パパもママも心の準備が出来ていなかったから焦り、オムツを替えようとしたら、オムツから溢れ出すほどのものすごい柔らかいうんちが出ていた。何とかオムツを脱いでそのままお風呂に入った。寒いと言っていたから体だけ洗うにとどめた。早くうんちをして欲しいとは思っていて、思わぬ形で出たが、これで少しは回復の兆しは見えるだろうか。ご飯を食べる頃から少しは元気になったように見えた。着替えた後はいつもの定位置の布団に横になった。もう眠いらしい。明日は幼稚園に行かないが、明後日は行くと言っていた。そのままパパと一緒に21時前に寝た。