読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもと違うことが不安

  朝は8時30分すぎに起きた。今日はキュウレンジャーを見てから幼稚園へ。今日も三角屋根を少しやって、先生のサポートで泣かずに出来たようだ。ただ、今日はいつもと違う環境だったことで落ち着かない様子だったらしい。午前保育だったし、ママがいとこの家に荷物を届けに行ったためにゆうまは夕方まで預かり保育に預けられた。しかも、明日に年長さんの謝恩会が開かれるためにいつもの預かり保育の部屋が使えず、違う部屋で遊ぶことになっていた。そんなこともあり、今日は幼稚園は何時に終わるの?とか、夕方まで預かり保育なの?とか何度も同じ質問を担任の先生にしていたらしい。いつもと違うことが多かったので、いろいろ不安だったのかもしれない。夕方にママが迎えに行ったときに担任の先生が対応してくれて、そのような話をしていた。門まで送ってくれるときには、ゆうまはいつも8時30分に起きてるといきなり言い出してママは恥ずかしい思いをしたらしい。もちろんゆうまに悪気はない。帰り際には園長先生からも声をかけられ、ゆうまが高機能自閉症と診断されたことを担任の先生から報告を受けたことで、ゆうまが通う予定の小学校の特別支援級にいるママから、いろいろ体験談を話してもらえる機会を作ってくれるということを言ってもらえた。いろいろサポートしてくれる環境があるのはありがたいことだ。

  家に帰るのか遅くなってしまったが、ゆうまはいつものようにおやつを食べてからピアノを弾いたりしていた。ユーチューブも見たがったが、夜ご飯が遅くなるから食べてから見ようと言うと、渋々従って食べ始めた。だが途中で気持ち悪いと言い出したので、それじゃあ食べるのをやめようと言って寝室に連れて行こうとした。だが、パソコン見たいと言ったので、気持ち悪かったら見れないよと言ったら、パソコン見たいと言ってパニックになり、大泣きが始まってしまった。結局再び食べ始め、嗚咽をしながら食べていた。早くパソコンが見たくて気持ち悪いと言い出したのではないかと推測されるが、本当に気持ちが悪かったかは分からず。食べ終わるころには落ち着き、ユーチューブも少しだけ見た。お風呂から出てからもなかなか寝なかったが、22時30分すぎにようやく寝た。パパは帰りが23時すぎになり、今日も話せなかった。