読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じいじばあばと季節外れの海へ

  朝は7時30分前には起きた。キュウレンジャーを見るかと思いきや、今日は見なかった。朝ご飯はサバの味噌煮はよく食べたが炊き込みご飯は半分くらいしか食べず。デザートのイチゴはたくさん食べた。パパは食べ終わらないうちに早くもお外に行きたくなり、じいじに見てもらってお砂場遊びをした。パパが交代してからお散歩に行きたくなり、家の外に出た。排水溝の蓋のところに埋め込まれていた動物とか花の絵柄が何かを楽しみながら歩いて行き、そのまま田んぼに向かって歩いていたが、疲れたのか帰りたくなり、何とか帰って来た。途中で好きな食べ物の話になり、お寿司とかアイスクリームとか言っていた。幼稚園のお誕生会に合わせて、大きくなったら何になりたいですか?と質問したら、サッカー選手と言っていた。練習しないとなれないよと言ったら返事は返って来なかった。果たして本番では何と答えるだろうか。家に戻ってからは、粘土をやったり絵の具をやったりしていた。絵の具を手の平に塗り、手形を紙に押したりしていた。ばあばが言っていたこともあり、前よりは筆で絵を描いていたとは思うが、ただ色遊びをしているにすぎず、絵の具はまだ早いのではないかとばあばが言っていた。

  お昼ご飯はゆうまが回転寿司屋さんに行きたいと朝から言っていたから、じいじばあばと家を出た。天気も良かったからそのまま公園に行くことにした。ガチャガチャをやりたいと言っていたが、今日はご飯も食べないとガチャガチャはなしだよとじいじが言うと、いつもよりはシャリを食べていた。無事にマリオのガチャガチャをやったら、シーソーゲームが当たり、喜んでいた。そのまま公園に向かうつもりだったのだが、食べているときから眠そうで、このまま公園に向かっても寝てしまうかもという話になり、ゆうまを寝せるために方向転換して、海と近くの温泉に行くことになった。少し長い距離を走ったのでゆうまは予想通り寝てしまい、1時間くらいは昼寝をした。起きたころに海に着いた。着いて砂浜に着いたときに車がハマって動かなくなってしまうトラブルが発生。通りがかりの車に助けを求め、何とかレッカーしてもらって最悪の事態を免れた。大人は慌てていたのだが、ゆうまは海を見た瞬間に走り出してしまった。砂遊びをしたり、貝がらやロープなど拾っていて、自由に遊んでいた。季節外れの海で風を浴びていたらだんだんと寒くなって来たが、ゆうまには関係なかった。このまま帰ろうとするところをゆうまのリクエストもあって安全な場所に車を移動することになり、さっきの場所から少し離れたところに移動し、再び少しだけ遊んだ。ゆうまは走り回ったり、波から逃げるようにして楽しんでいた。最後には貝がらをたくさん拾って車に戻った。

  海を後にしてからは日帰り温泉へ。最初はパパと入ると言って男性の方に入ったが、嫌な人がいたのか、急にばあばと一緒に入ると言い出した。ばあばとしりとりをしたりして結構長めに入っていたようだ。出てからアイスを食べたくなったが、ご飯を食べれなくなるからダメだと言ったら、今日はここに泊まると言っていた。お風呂から出て、そば屋さんに寄って夜ご飯を食べた。ゆうまはトンカツを食べたいと言っていたが、トンカツ屋さんがなく、帰り道にあったそば屋に寄ることになった。それでもゆうまは意思を崩さず、うどんを頼もうとしていたのを嫌だと言ってトンカツ定食を頼んだ。本当に食べるか半信半疑だったが、一切れ半はトンカツを食べたから、まだ食べた方かもしれない。食べ終わって一旦ばあばの家に荷物を取りに帰ったが、昼寝をした割にはすでに眠そうだった。荷物をまとめてからじいじに自宅まで送ってるもらった。家までは寝ないかなと思っていたが、予想に反して22時前に寝てしまった。自宅に帰って少し目を覚ましてビクッとしたが、起きることはなかった。