読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも通り幼稚園へ

  朝は8時40分すぎまで起きて来ず、ママが起こしに行ってようやく起きた。体調が心配されたが、大丈夫そうだったのでいつも通り幼稚園に行った。家を出てすぐにママが忘れ物をしたことに気づき、ママだけ家に戻ったら、トイレに行くの忘れてるたとゆうまも戻って来た。今日はリズムの日だったが、詳しい様子は分からず。帰りのバスは同じバス停の女の子と一緒に乗っていたらしいが、女の子が先に降りたときにリズムズボンを忘れていってしまったらしい。ゆうまはそれを持って降りてあげればいいのに、わざわざドアから、ズボン忘れてるよと伝えていて、独特な行動を取っていた。

  今日は運動療育もあり、こちらも予定通りに参加した。ほふく前進やおしり歩きなどをお友達と楽しんでやっていたらしい。メロン味の何かだが、ゆうまの嫌いなおやつが出たようで、嫌なことを先生に伝えることが出来たと前向きなコメントが書いてあった。家に帰ってから、療育でもらってきたカッパエビセンを食べたくなったが、時間も遅いので我慢させた。でもおやつを食べなかった割にはご飯もあまり食べず。納豆ご飯も半分くらいしか食べず、昨日の残りのケーキも少ししか食べず、あまり食欲がないのだろうか。

  パパが21時すぎに帰ったときにお風呂から出たところだった。着替えをしているときに顔を布団にうずめていて、お腹痛いの?とママが聞いたら、何でもないと理由を言おうとしなかった。ママがしつこく聞くと、顔にクリームを塗られるのが嫌だったらしい。パパがご飯を食べているときに早めに布団に横にはなったが、なかなか寝ようとしなかった。添い寝をしていたママもあきれていたが、多分22時30分すぎくらいにようやく寝た。

誕生日から一夜明けても本調子ではなく

  明け方は特に夜泣きすることなくきちんと寝て、朝8時すぎくらいに起きた。熱を測ったら37度台まで下がってくれてホッとしたが、起きたときにお腹が痛いと言っていた。空腹のせいかなと安易に考えてはいたのだが、のどがかわいたと言って麦茶だけはたくさん飲んでいた。変わらずお腹が痛いと騒いでいた瞬間、いきなり嘔吐してしまった。ほとんどが麦茶しか胃の中には入っていなかったから大ごとにはならなかったが、本調子ではないと感じた。熱が下がったから、お昼くらいにはお出かけも出来るかなと安易に考えていたが、甘かった。それでも、少ししてからのどがかわいたと言うので、恐る恐る3口だけ飲ませてみた。少しなら大丈夫かなと思っていたが、再び吐いてしまった。お腹も痛いと変わらず泣いているし、原因が分からないから途方に暮れてしまい、これで今日もお出かけは出来ないと覚悟した。もし吐かなければうどんを少し食べさせようと思ったが、やめることにしてしばらく横にさせていた。時間をおいてからママがスプーンで麦茶を飲ませ、様子を見ながら慎重にやっていた。そのうちにゆうまもお腹が痛いのは治ってきたようで、立ち上がったりし始めた。お出かけがしたいのか、元気ということをアピールしているようだった。それでも、再び布団に戻って横になっていた。本当は昨日ばあばが買ってくれたケーキを食べに行きたかったのだが、ゆうまが本調子でないことで半ば諦めかけていた。少ししてから、ばあばが買ってくれたケーキはキュウレンジャーのケーキということを伝えると、途端にゆうまは嬉しくなってしまい、ばあばにも電話をかけ始めて、元気だから夕方行くことを伝えていた。

  お昼ご飯を食べる時間になり、ゆうまもうどんを食べた。食べられるか心配だったが、特に吐くこともなかったからよかった。食べ終わってからばあばの家に行く準備をした。ゆうまも今すぐ行きたいみたいな感じだったが、準備が終わるまで布団で待たせていたら、眠かったのか寝てしまい、1時間ちょっと昼寝をした。ゆうまが起きた頃に家を出ようと思っていたのだが、何とばあばが逆にケーキとかを持って向かってしまっていた。ゆうまの体調を気遣って、来るのは大変だからと向かってしまっていた。ばあばが家を出る前にメールが来ていたが、パパは気づかず、かといってばあばの家に行くという連絡が遅くなってまだしていなかった。完全なコミュニケーション不足だったが、そんな騒動を知らないゆうまが目覚め、行く気満々で、もう準備終わった?と聞かれたので、ばあばがケーキを持ってこっちに向かっているから、今日は行かないで家でケーキを食べることを伝えると、突然の予定の変更を受け入れられないゆうまがパニックになってしまい、嫌だと大泣きになってしまった。そのうちにばあばも到着し、泣き叫んでいるゆうまを見てびっくりしていた。ばあばが来てからもゆうまは激しく泣き叫んでいたが、何とか説得していたら、行かないことを受け入れてくれて、ばあばとも無事にバイバイをした。

  何とか泣き止んでからはゆうまも落ち着いて、ジュウオウジャーのキューブとかで遊んだり録画を見たりしていた。ユーチューブも見たりしていた。そのうちに夜ご飯になり、誕生日ケーキでお祝いをした。ばあばが持って来てくれた赤飯もたくさんではないが食べていたし、魚とか普段通りの食べ物も食べられるようになったからよかった。最後にケーキでお祝いし、キュウレンジャーのデコレーションチョコケーキだったが、少し食べていた。一時はどうなるかと思ったが、週末にケーキでお祝い出来てよかった。食後はチャレンジの本とかを見ていて、お風呂に入った後にすぐに横にはなったが、寝ようとはしなかった。パパの方が先に眠くなってしまったが、ゆうまは多分23時前くらいに寝たと思う。

5歳の誕生日は熱が下がらず一日中寝床で過ごす

  いよいよ今日は5歳の誕生日。パパが仕事が休みという最高のタイミングだったのに、ゆうまが発熱するという最悪の展開に。今日の夜はばあばの家で誕生日ケーキを食べるはずだったが、思い返せばクリスマスのときも溶連菌でケーキが食べられずに、本当に運が悪い。何をここまでひどい仕打ちをしなくてもという気分にはなったが、逆にこれもいい思い出になるかもと、よい解釈をしないとやっていられない気分だった。

  ゆうまの方は明け方もグズりながら起きたりして熟睡しているのかは分からず、8時すぎに大泣きして本格的に起きた。病院に行きたくないと大泣きしていて、昨日同様に泣き叫ぶだけの元気はあったが、熱は変わらず39度を超えていた。朝ご飯も寝床で食べたが、おかゆを少ししか食べれなかった。DVDを見たりもしていたが、寝付けないことで寝不足なのか、少ししたらまた寝てしまった。でも病院に行くことを思い出してすぐに泣いて起きてしまうことを繰り返していた。誕生日プレゼントというわけではなかったが、あげるタイミングがなく保管しておいたジュウオウジャーの新しいキューブを見せて、泣かないで頑張ったらこれで遊べるよと気持ちを高めさせようとしたのだが、泣いても遊べるよ、キュウレンジャーのおもちゃもどっちももらえるよと切り返していた。そんなことをしているうちにいよいよ病院に行く時間になってしまい、ゆうまの泣き声も大きくなったが、とりあえず病院へ。待合室でも泣いていたし、ゆうまの番になったときは、いつものように大泣きになって先生の声も聞こえないくらいだったが、恐れていたインフルエンザではなかったからとりあえずは一安心。ただ、熱の原因は分からず、とりあえず様子を見ることになった。病院が終わってからはゆうまも落ち着き、朝とは見違えるようだった。スーパーで買い出ししてから家に帰った。

  帰ってからうどんを食べようとしたらまた寝てしまい、少し寝て起きたときに食べたが、あまり食べようとしなかった。家に帰ってからは元気もなくなり、ぐったりしたような感じになって、朝に見せたジュウオウジャーのキューブで遊んだり再び寝たりを繰り返していた。熱は38度台までは下がったが、声もか弱い声で、本当に具合が悪そうだった。今日は一日オムツだったが、おしっこもほとんどしなかった。大丈夫だろうか。夜ご飯もうどんとゼリーを少しは食べたが、少し食べただけでもういらないと言っていた。食べ終わってからもDVDを見て過ごし、病院に出た以外は全部寝床にいることに。せっかくの誕生日だったが、ゆうまにとって必要な休息だったと思うしかない。

  あっという間に時間はすぎ、結局一日中寝たまま22時すぎになったので寝る体制に入った。ゆうまも眠いかなと思ったら、ずっと寝たきりだった体が起き上がり、見ていたDVDをママに渡しに行き、これはもう見ないからいとこにあげちゃっていいといきなり言い出した。ゆうまが嫌なシーンがあったようだ。再び布団に戻って絵本を読んであげて寝るかなと思ったが、昼寝が足りたのか、なかなか寝なくなってしまった。横にはなっていたものの、寝ようとはしなかった。心なしか声も大きくなって来た。快方に向かっているかなという感触は得れたが、リズムが悪くなるから早く寝て欲しかった。ママと交代してパパはゆうまの誕生日プレゼントを頼むためにネットショッピングをしていた。0時前にそろそろ寝たかなと思って部屋をのぞくと、何とまだ寝ていなかった。結局寝たのは0時すぎだった。

  こうして5歳の誕生日は布団でほとんど過ごしたまま幕を閉じた。今日はタイミングが悪く病気になってしまったが、いずれ元気になるだろうから、この1年もゆうまにとって大きく飛躍、成長する1年になればいいと思う。

誕生日前日に嘔吐と発熱

  朝は8時30分すぎに起きた。ママが今日の給食のメニューを見たらチーズちくわと書いてあった。ゆうまの嫌いなもののため、そのことをあらかじめ伝えておいて、食べなくてもいいから泣かなかったらガチャガチャ出来るよと言った。今日は今年度最後のペアフレンド昼食会だったらしいが、ゆうまは少し泣いたと言っていたが、大きなパニックにはならなかったようだ。

  今日は発達センターでWOTがあったのでママが幼稚園に迎えに行った。WOTではトランポリンを跳びながら物を入れることをやったが、かなりぎこちない動きだったらしい。でも頑張ってやっていたから、終わってからショッピングセンターにガチャガチャをやりに行くことになった。初めてキュウレンジャーのガチャガチャをやり、初のキュータマをゲットして嬉しそうだった。

  家に帰って来て遅くなってしまい、20時くらいに夜ご飯を食べたが、ご飯をほとんど食べなかった。今思えば食欲がなかったのかもしれない。ミニトマトだけは1パック全部食べてしまい、異常な感じだった。イチゴもたくさん食べて、それでお腹が満たされた。パパが22時30分前に帰ったときにお風呂に入っているところだった。ママに幼稚園の様子をいろいろ教えていた。パパにはなぜか気が向いたときでないと教えてくれないのでうらやましい感じだった。話が終わるタイミングでドアをノックして誰?と言われたが答えなかったら、お化けが来たと思ったらしく、怖がっていた。パパも一緒に入ったときに、明日から5歳だよと言うと嬉しそうだった。今年はタイミングよく誕生日が土曜日だったから、どこかお出かけしてもよかったが、いつものイーオンに行ってお昼にサンドイッチ食べると言っていた。安上がりだが、ゆうまがやりたいならそれでもいいかもしれない。出てからは眠そうにすぐに横になったが、絵本を読んだりしてすぐには寝ず、23時前にようやく寝た。

  ここまではよかったのだが、ご飯を食べながらいよいよ5歳だなぁとか思いふけっていたら、ゆうまの泣き声が聞こえて来て、悪い夢にもうなされているのかなと思っていたら、少ししてまた泣き声が聞こえ、また寝るという感じだった。寝つきが悪いのかなと思っていたら、パパとママが寝ようとした1時すぎにいきなり布団にものすごい勢いで嘔吐してしまった。夜に食べたのがほとんどトマトとイチゴだったから、シーツが赤く染まり、ママは一瞬血を吐いたのではないかと思ったそうだが、後処理をしているときにゆうまの体を抱き上げたら体がものすごく熱くて、熱を測ったら何と39度を超えていた。寝る前は熱がない感じだったから、急に上がった感じだ。病院に連れて行かれると思ったのが分かったのか、明日は治ると言って大泣きが始まり、パニックになってなかなか寝付けなくなってしまった。これだけ大泣き出来るから意識はしっかりしていて、熱さえ下がれば大丈夫そうではあったが、楽しい誕生日になるはずが最悪な展開になりそうで、嘔吐の後処理の疲れも加わって、パパもママも疲れ果てて寝ることになった。いきなり吐いたからノロウィルスも否定は出来ず、急に熱が上がったからインフルエンザも否定は出来ず、明日の病院の診断を待つしかないが、ゆうまが早く治って元気になって欲しいと心から願う。

急な予定の変更にもパニックにはならず

  朝は8時30分すぎに起きた。今日は年長さんの謝恩会があるため、11時30分登園だった。だから朝もたっぷり時間があり、キュウレンジャーの録画を見たり、ユーチューブを見たりして過ごしていた。ママも役員の打ち合わせと子どもたちの面倒を見るために一緒に幼稚園へ。担任の先生も年長さんとのふれあいで教室をあける時間も多かったし、ママもゆうまの様子は見れなかったので何をしていたかは不明だった。

  今日は幼稚園が終わってから、運動療育に行く予定だったのだが、謝恩会が長引いたことで役員の打ち合わせも長引いてしまい、時間に間に合わなくなってしまった。なのでやむなくキャンセルすることになってしまった。そのことをゆうまに伝えなければならず、急な予定の変更でパニックにならないか不安だったが、おそるおそる伝えると、いいよ、とあっさりOKが出た。ゆうまは次の療育を楽しみにしていたから取り乱すのではないかと心配だったが、今している遊びが楽しかったのか、パニックになることもなくてよかった。ママが終わって帰ろうとしたときは、すぐに帰ろうとはせず、やっていた製作が完成するまでママは待たされた。帰りがけにスーパーに寄ったら、ゆうまが好きと思われる同じクラスの女の子がいてゆうまもテンションが上がった感じだったが、その女の子からは相手にされなくて、ゆうまも残念だったようだ。

  家に帰ったときに夕方になってしまったが、おやつはきちんと食べた。その影響か分からないが、夜ご飯はおかずはほとんど食べず、きな粉ご飯くらいしか食べなかった。デザートのイチゴはたくさん食べた。パパが21時30分前に帰ったときにゆうまはお風呂に入る前だった。今週ようやく話すことが出来た。一緒にお風呂に入ったときに、今日イチゴを食べたと言ってきた。今日のいつ食べたの?と聞いたら、何?と何回も聞き直して来て、今日と返って来た。これは理解出来ていないなと思い、夜なの?と聞き直したら、夜と返って来た。パパの表現があいまいだったかもしれない。ゆうまに理解してもらうには、分かりやすい表現にしないとダメだなと改めて思った。お風呂から出てからもなかなか寝ようとしなかった。パパがご飯を食べ終わってから一緒に寝る準備をしたが、絵本を読んでもなかなか進まず、パパの方が先に眠くなってしまったが、ゆうまは多分23時すぎに寝た。

いつもと違うことが不安

  朝は8時30分すぎに起きた。今日はキュウレンジャーを見てから幼稚園へ。今日も三角屋根を少しやって、先生のサポートで泣かずに出来たようだ。ただ、今日はいつもと違う環境だったことで落ち着かない様子だったらしい。午前保育だったし、ママがいとこの家に荷物を届けに行ったためにゆうまは夕方まで預かり保育に預けられた。しかも、明日に年長さんの謝恩会が開かれるためにいつもの預かり保育の部屋が使えず、違う部屋で遊ぶことになっていた。そんなこともあり、今日は幼稚園は何時に終わるの?とか、夕方まで預かり保育なの?とか何度も同じ質問を担任の先生にしていたらしい。いつもと違うことが多かったので、いろいろ不安だったのかもしれない。夕方にママが迎えに行ったときに担任の先生が対応してくれて、そのような話をしていた。門まで送ってくれるときには、ゆうまはいつも8時30分に起きてるといきなり言い出してママは恥ずかしい思いをしたらしい。もちろんゆうまに悪気はない。帰り際には園長先生からも声をかけられ、ゆうまが高機能自閉症と診断されたことを担任の先生から報告を受けたことで、ゆうまが通う予定の小学校の特別支援級にいるママから、いろいろ体験談を話してもらえる機会を作ってくれるということを言ってもらえた。いろいろサポートしてくれる環境があるのはありがたいことだ。

  家に帰るのか遅くなってしまったが、ゆうまはいつものようにおやつを食べてからピアノを弾いたりしていた。ユーチューブも見たがったが、夜ご飯が遅くなるから食べてから見ようと言うと、渋々従って食べ始めた。だが途中で気持ち悪いと言い出したので、それじゃあ食べるのをやめようと言って寝室に連れて行こうとした。だが、パソコン見たいと言ったので、気持ち悪かったら見れないよと言ったら、パソコン見たいと言ってパニックになり、大泣きが始まってしまった。結局再び食べ始め、嗚咽をしながら食べていた。早くパソコンが見たくて気持ち悪いと言い出したのではないかと推測されるが、本当に気持ちが悪かったかは分からず。食べ終わるころには落ち着き、ユーチューブも少しだけ見た。お風呂から出てからもなかなか寝なかったが、22時30分すぎにようやく寝た。パパは帰りが23時すぎになり、今日も話せなかった。

久しぶりのピアノへ

  朝は8時40分すぎまで起きれなかった。昨日の情報だと今日は自由遊びのはずだが、何をして遊んだかとか教えてくれなかった。その他の今日の様子も分からず。今日は誰もお休みでなかったことくらいしか分からず。担任の先生から連絡ノートが帰って来て、三角屋根についてのコメントがあった。最初は泣いていたようだが、出来るように先生がサポートしたら慣れたのか泣かなくなったと書いてあった。うんていとかのサーキットも泣きながらではあるが頑張ってやっているらしい。運動面はゆうまにとっては高いハードルだが、徐々に出来るようになって自信がついてくればいいなと思う。

  今日は久しぶりにピアノがあった。先週はレッスンがお休みになってしまったから2週間ぶりだ。ママが幼稚園に迎えに行ったときにゆうまの姿が見当たらなくてどうしたのかと思ったら、ゆうまがバスに乗らないことをママが言い忘れていたようでバスの方にいて、危うくバスに乗るところだった。何とか車に乗り、無事にピアノへ。今日も頑張って弾いていたが、最後のところでふざけたりしてしまい、今日もマルはもらえなかった。ママいわく、ゆうまは出来るところでもふざけて先生の指示に従わずに違うことをしてしまうとのことだった。ピアノの発表会用の曲選びをする時期にもなってきて、出来るだけ先に進みたいとママも焦っているようだ。ゆうまがその思いに応えてくれるだろうか。

  ピアノが終わってからはじいじの家へ。今日はじいじと結構遊んでいた。夜ご飯はうどんとか納豆ご飯とか刺身とかいろいろ食べた。デザートにチョコケーキも食べたが、うんちはしなかった。じいじから誕生日プレゼント用にお金をもらったらしい。もちろんゆうまの欲しいものはキュウレンジャーのおもちゃだ。今日もキュウレンジャーの録画を見ていて、エンディングの歌のときに、パパにアピールするために動画を撮るから踊ってと言ったら、いいよと快く応じて踊り始めた。その動画を見せてもらったが、ノリノリで踊っていた。意外とダンスはうまいかもしれない。そんなに好きなら買ってあげようと思う。

  後片付けとかでじいじの家を出るのが遅くなり、家に帰ったのが22時すぎになってしまったが、ゆうまは車の中では寝なかった。でも帰ってからはすぐに布団に入り、絵本を読んでから23時前に寝た。パパは帰りが23時30分前になり、今日も話せなかった。