読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼稚園の終業式

  朝起きたのが8時30分すぎと遅かったが、何とか間に合った。今日は幼稚園の終業式だった。なのに、何と担任の先生がお休みだったらしい。年中最後の日だったのに何ということか。あっという間に年中が終わってしまい、残すはあと1年だけだ。本当に月日が経つのは早い。本人はそんなことは思っていないだろうが。

  幼稚園が終わってからは発達センターへ。こちらも最後の心理があった。いつも通りに頑張ってやっていたようだ。来月からはWOTが2回になる。今さらながらと思ったのだが、先月に心理の先生が幼稚園に見に行ってくれたときのレポートが渡された。そこには、結構辛口のコメントが書かれていた。他のお友達が話をしているのに全然違う話をしてお友達を戸惑わせたり、ウサギの餌やりに集中してまったくお友達に気づいていなかったり、お友達の輪に入ろうとせずに1人で遊んでいたりなど、お友達との関わりは大人の援助が必要だと書かれていた。その場の状況を理解出来ず、適切な行動を取ることが出来ないとも書かれていた。さらに、お友達に自分の気持ちを伝えたりすることも出来ないとも書かれていた。そのあたりが今のゆうまの課題だと思う。お友達との関わりについてはあまり進歩していない気がするが、徐々にでもうまく関われるようになればいいなと思う。

  発達センターが終わってからはじいじの家へ。お彼岸のときに出来なかったお墓参りをママとゆうまでした。キュウレンジャーのガチャガチャの話をしていたときに、じいじが進級祝いとか言ってガチャガチャをやるために1000円くれたらしい。でもゆうまは、これではガチャガチャが出来ないと言ったらしい。ママは5回は出来ると説明してあげたが、理解したかどうかは疑問だ。ゆうまにとっては、いつもの100円玉の形がガチャガチャをやるお金というイメージなのだろう。だから、1000円でガチャガチャが出来るとは思わなかったのだろうか。夜ご飯はマグロの刺身をよく食べ、手巻き寿司にしたり納豆ご飯で食べたりしたようだ。帰りの車の中では寝なかった。

  パパが21時30分前に帰ったときは寝室で本を読んでいた。パパにはゆうまは眠そうには見えなかったが、ゆうまは眠いはずだとママは言っていた。その通り、ゆうまはママが布団に入ると、絵本を読んでもらいたくて布団に入った。読んでもらってから、22時前には寝た。

いつも通り幼稚園に行けた

  朝は8時すぎに起きた。体調も問題なさそうだったしご飯もきちんと食べられたので、久しぶりに幼稚園に行くことが出来た。家を出るまでめばえのDVDを見ていて、途中で時間になったからやめさせようとしたらキレて、ママ嫌いとか怒っていた。バス停でも機嫌は悪かったが、バスが着いたときに同じクラスの女の子が声をかけてくれ、それで嬉しくなってその子の隣に座って向かって行った。今日は宝探しをやったようで、楽しかったらしい。担任の先生にも今日は怒られなかったと言っていた。そんなに毎日のように怒られてるのか疑問に思って聞くと、うんと言っていた。そんな先生とも明日でお別れになるかもしれない。明日終業式で早くも年中が終わる。昨年も終業式間際に休んでギリギリ間に合ったが、何とか最後は出席出来そうでよかった。

  家に帰って来てから、昨日行きたいと泣き叫んだパン屋さんへ。帰りのバスで、その店が今日はやっていることを確認したようで、やっていることを嬉しそうにママに伝えていた。パンを買ってからディスカウントスーパーにも寄り、キュウレンジャーのガチャガチャをやったら持っていないものが当たり、嬉しそうだった。家に帰ってからパンを食べて、またDVDを見たりしていたが、夜ご飯にもパンを食べた。納豆ご飯も少し食べたから、結構食べたようだ。ほぼ普段通りの生活が出来るようになったからよかった。パパが21時30分前に帰ったときにトイレでうんちをしていた。いつもくらいの固さだったし、こちらも元通りに戻ってよかった。うんちをした後でゆうまに幼稚園楽しかったか聞いたら、うんと言ってくれたからよかったし、ガチャガチャも嬉しそうに見せてくれた。今日もなかなか寝ようとしなかったが、ママに絵本を読んでもらってから多分22時30分くらいに寝た。この1週間いろいろ心配したが、おおよそは元の生活に戻ったと思われ、元気なゆうまを見ることが出来て本当によかった。

今日も幼稚園を休むが回復の兆し

  今日も幼稚園とピアノはお休みすることになった。朝起きて来た段階ではあまり動いたりはせず、朝ご飯はおかゆと里芋という昨日の夜のメニューと一緒だったが結構食べて、吐くこともなかった。食べ終わってからはDVDを見たりして座っているだけだったが、お昼前からチャレンジのおもちゃで遊び出して、徐々に動きが出ていた。お昼ご飯はおにぎりを食べたいと言っていたが、突然パン屋さんにも行きたくなってしまい、今日は行けないよと言うと、パニック寸前になったらしい。お昼ご飯はおかゆも食べたが、ゆうまのリクエスト通りシャケのふりふりおにぎりで少し食べたら嬉しそうだった。胃腸炎になってからは初めての固いご飯だったが、少しだったから体調が悪くなることもなかった。

  お昼ご飯を食べ終わってからもリビングでおもちゃで遊んでいて、特に横になることもなく昼寝もしなかったから、だいぶ体調は戻って来ていると思われる。幼稚園の担任の先生からも電話があり、ゆうまの体調を心配してのことだった。他に胃腸炎で休んでいた子も今日は結構来たみたいだから、明日は行くことになりそうだ。夕方くらいからはだいぶ動けるようにもなって、家の中であれば普段通り遊べるようになったからよかった。夜ご飯はうどんだったがよく食べて、ご飯やバナナも食べた。食事面でもおおよそは食べられるようになり、明日も何とか大丈夫そうだ。ただ、うんちをしなかったから、明日パンツにもらしたりしないかが心配される。食後もおもちゃで遊んでいて、昼寝をしないから眠いはずだが、おもちゃで遊び足りないみたいですぐには寝ようとしなかった。

  パパが21時30分前に帰ったときもリビングでおもちゃで遊んでいた。飛び跳ねたりはしないから、その点ではまだ本調子ではないが、結構表情も豊かだった。パパがご飯を食べているときにようやく寝室に移動したが、まだ遊びたいようでおもちゃを寝室に持って行っていた。パパがご飯を食べ終わったタイミングでママと交代し、絵本を1冊読んであげたらようやく眠くなり、22時30分すぎにようやく寝た。明日は無事に幼稚園に行ければいいと思う。

元気がなくなり回復の兆しは見えず

  今日は彼岸の中日だったが、ゆうまが外出出来ないからお墓参りに行くことが出来なかった。お彼岸にお墓参りに行かなかったのはパパの記憶の中では初めてだがしょうがない。朝は7時すぎには目を覚ましたが、8時30分すぎに自分で起きてきた。ラーメン屋さんに行くと言ったことでママとケンカになり、大声を出してママ嫌いと言っていた。大声を出せるくらいだから元気はあるかもしれない。すぐに朝ご飯を食べて、うどんを食べたり、タラの魚を食べたがり、少し食べた。とりあえず気持ち悪くはなさそうだったので最後にすりおろしりんごを食べ、食べすぎたのか気持ち悪そうな顔をしていたが、何とか大丈夫そうだった。大事を取って寝室に移動してDVDを見たりしていた。布団を干すタイミングで一度外にゆうまを抱っこして連れて行ったのだが、あまり嬉しそうではなかった。今日は暖かかったのだが、寒いと言ってすぐに中に入りたがった。せっかく日光浴をさせようと思ったが、もくろみは失敗に終わった。あまりお外に行きたくないということはまだまだ本調子ではないことを意味していた。明日も幼稚園に行くのは難しいかもしれない。そのまま午前中いっぱいはずっと見ていた。

  パパがお昼前に図書館に行って来たのだが、帰ったときもまだ見続けていた。紙芝居を借りて来なかったことに腹を立てて、すぐに借りて来てと大泣きが始まった。ゆうまが見ないだろうと借りて来なかったが、手元に1冊はないと安心出来ないようだ。落ち着いてからお昼ご飯を布団で食べた。うどんだったがあまり食べなかった。寝てばかりだから食欲もなくなったか。元気がないわけではないとは思うが、まるで病人のような生活だ。食べ終わってからもまたDVDを見ていた。見すぎかなと思い途中でやめさせたら、今度はユーチューブを見たいと言い出した。少し目を休ませなさいとママが怒ったらパニックになってしまった。ママ怖いと言っていた。そのまま布団に横になっていたら寝てしまい、1時間ちょっとは昼寝をした。起きてボーッとしているときにばあばが差し入れを持って来てくれた。いつもなら嬉しくなってばあばに寄っていくのだが、元気のない姿にばあばも心配していた。ばあばが帰ってからは一度はリビングに行ったのだが、カーペットに寝るだけで何もしようとせず、ママに促されて布団に戻った。戻ってからもただ横になるばかりで動くことはなかった。体調は戻って来ているはずだが、まったく躍動感はなく、元気になる回復の兆しが見えなかった。本当にこのまま寝たきりになってしまうのではないかと心配してしまうほどの元気のなさだっだ。

  でも、夜ご飯の時間くらいからお腹がすいてきて催促が始まり、待ちきれなくなってばあばからもらった里芋の煮物を先に食べることになった。リビングに来て食べたのだが、おいしかったのか、何個も食べたがった。そのうちにワカメのおかゆが出来ると、そっちもおいしかったらしく結構食べた。タラの魚やバナナも半分くらい食べて、吐かないか心配したが大丈夫だった。食べた後にユーチューブを見ていた。ゆうまが見ているときにおならの匂いが充満していたから臭いなと思っていたら、オムツを替えると言い出し、何とうんちをしていた。パパもママも心の準備が出来ていなかったから焦り、オムツを替えようとしたら、オムツから溢れ出すほどのものすごい柔らかいうんちが出ていた。何とかオムツを脱いでそのままお風呂に入った。寒いと言っていたから体だけ洗うにとどめた。早くうんちをして欲しいとは思っていて、思わぬ形で出たが、これで少しは回復の兆しは見えるだろうか。ご飯を食べる頃から少しは元気になったように見えた。着替えた後はいつもの定位置の布団に横になった。もう眠いらしい。明日は幼稚園に行かないが、明後日は行くと言っていた。そのままパパと一緒に21時前に寝た。

寝起きは元気も再び嘔吐して振り出しに

  朝は7時30分くらいに起きた。声もいつもくらいの声量に戻っていたし、自分でリビングに歩いて行ったので、だいぶ体調もよくなったと思われる。早くご飯を食べたがっていて、ようやく食べ始めたときにいきなり焼き肉の豚肉から食べ始めた。納豆ご飯、ポトフのウインナー、目玉焼きの黄身といつもと変わらない量を食べて、デザートにバナナも食べた。病み上がりにしてはかなりたくさんの量を食べたと思う。ママはいきなり食べすぎだ、少しずつ食べろとずっと忠告していたが、案の定食べ終わったゆうまはイスに座ったまま動かなくなってしまった。あんなによくなった顔色もみるみるうちに真っ白くなり、食べすぎたのが誰の目にも明らかに見て取れた。パパもゆうまの食べたいという意思を尊重して食べさせていたが、早く復活させたいとちょっと焦っていたかもしれない。ゆうまは気持ち悪いことは否定していたがすぐに布団に行き、横になっていたら寝てしまった。50分くらいして起きたのだが、お腹が痛いとずっと言っていて、ママの言うことを聞かないからだと怒られて泣いていた。その後も、これから病院に検査しに行くとか今の幼稚園はもうバイバイするとか言って泣いていたが、上からは吐こうとはせず、どっちかというとうんちがしたくても出ない感じだろうか。その後もずっとお腹が痛いと言っていたからトイレでうんちをしに向かってはみたが、出る気配はなかった。そうしているうちに、ついに気持ちが悪いと泣き出して、吐き出してしまった。下から出ずに、やむなく上から出てしまったとのパパの印象だ。でもママは、ママの言うことを聞かないからだと怒っていたからさらに泣き出してしまった。明日ラーメン屋さんに行くなんてもってのほかだと言ったことでさらに大泣きになった。パパも焦ってゆうまに食べさせてしまったのも悪いが、ママの言い方がゆうまの気持ちを追い詰めているような感じがして嫌だった。いずれにしても、せっかく元気になったはずが完全に振り出しに戻ってしまい、それが家族にとってつらかった。

  吐いた後はゆうまも落ち着き、昨日と同様に布団に横になっていた。ただ、寝起きのときの元気な姿もなくなってしまい、顔色も悪く、昨日のような寝たきりの状態が続いていた。お昼を過ぎたときにパパとママはうどんを食べたのだが、ゆうまは食べられずにまだ布団に横になっていた。ママが気持ち悪いと言っていて、ゆうまのものがうつってしまったかと一瞬ヒヤリとしたが、何とか大丈夫だった。ゆうまが、ゆうまの分は?と言っていて、食欲はあるのだなと思ったが、二度も同じ轍を踏むわけにもいかないので、スープとすりおろしりんごだけにとどめた。食べ終わって横になっていたら寝てしまい、50分くらいは昼寝をした。起きてから少しして、リビングに行きたいと言い出し、パパが抱っこで連れて行った。パパと一緒に高校野球を見たり、パソコンでユーチューブも見て、言葉数は少なかったからそれほど元気には見えなかったが、結構長い時間いることが出来た。そのまま夜ご飯としてうどんも食べた。ゼリーも食べたいと言っていたが、気持ち悪そうな顔をして座椅子に寄りかかっていたので、ゼリーは後にさせてとりあえず寝室へ。DVDを見たりして過ごしていた。結構長い時間見ていたが、見すぎもよくないと思い、途中でやめさせた。見終わって、ゼリーを食べたいと言われてママが食べさせた。すりおろしりんごも食べたいと言ったので食べさせたら、気持ち悪くなってしまったようで、今にも吐きそうになってしまった。たくさん食べさせたつもりもなかったが、それでも甘かったかもしれない。まだまだ時間はかかりそうだ。すぐに横になっていつでも吐ける準備はしたが結局吐くことはなく、そのまま21時すぎに寝た。

食べられるようになったがまだ本調子ではなく

    朝7時すぎに目を覚ました。熱を測ったら36度台まで下がっていて、体温の心配はもう大丈夫だろう。あとはちゃんと食べられるようになるかが今日のポイントだった。やはりお腹がすいているようで、うどんが食べたいと言っていたが、ママは慎重になっていて、様子を見るためにとりあえず重湯にした。特に問題なかったので、おかゆを食べさせようとして、ワカメのおかゆにしたいと言われてママが作ろうとしたら、何とワカメが切れていて、仕方なくふりかけのおかゆにしたら、味がなかったのかあまり食べようとしなかった。すりおろしりんごを食べてから調子が出て来たのか、布団から起きて、ついにリビングに行くことが出来た。しかも自分で歩けたから意外と弱ってはいなかった。座椅子に座ってテレビや録画を見たりしていたが、ママが残っていたおかゆをおかかを混ぜて食べさせようとしたら、あまりおいしくなかったらしく、食べてすぐに吐いてしまった。おかゆだけを吐いたのか、そもそもまだ食べ物を受け付けなくて吐いたのか判断がつかなかったが、だんだんとだるそうになって来たので、再び布団に戻ることに。せっかく少し食べたのにまた振り出しに戻った感じになった。明後日はラーメン屋さんに行きたいとずっと言いながら少ししたら寝たが、ママがオムツを替えようとしたら起きてしまった。ここ最近ずっとオムツをしているからお尻がかぶれてしまい、かわいそうなくらい赤くなってしまった。しかもうんちをチビっていて、ママが拭いていたら、痛いと大泣きが始まった。うんちが出るようになればまた回復も早まるのかもしれないが、うんちをしたくても食べれないのと痛いのとで、したくても出来ない感じだ。

  次に起きたときは、早く夜になって欲しい、明後日になって欲しいと泣いて起きた。早くラーメンが食べたいかららしい。それだけ食欲があるようだからお昼にうどんを少し食べさせてみることにしたが、ママが作っている間も今すぐ食べたいと我慢出来ずに泣いていた。ようやくうどんが出来て恐る恐る食べさせたら、おいしいと言って盛り付けたものは全部食べてしまい、またりんごも食べた。まだ食べたそうだったが、何とか抑えて横になってしまったら寝てしまい、1時間ちょっと昼寝をした。パパとママがテレビを見ながらお昼ご飯を食べていたらゆうまが起きてきて、テレビでカレー特集がやっているのを見て、カレーも食べたくなってしまった。朝からゆうまの旺盛な食欲を抑えるのに必死だったが、起きてからもうどんが食べたくなってしまい、もう少し待てというママの制止を振り切ってパパにうどんを作らせて食べてしまった。おまけにりんごまで食べて、少しは腹の足しになっただろうか。食べた後はまた寝てしまい、今回は結構1時間以上寝た。起きたときにはまた明後日にラーメン屋に行くと言って泣いて起きた。ママが買い物に行って来てちょうど帰って来たころだったので、そこから夕飯を作り始めた。でもゆうまは早く食べたいと泣いていた。ママが作っているのをパパに抱っこしてもらってずっと見たり、リビングに横になったりしていたが、待ち切れないと言いながら騒いでいた。その声はいつもよりは小さく、まだ本調子ではないことが明らかだった。先にうどんは出来て食べ始め、全部食べた後にポトフとバナナも食べた。お腹を触ったら膨らんでいたので、しっかりと食べられたかもしれない。食べた後はすぐに横になり、21時前には寝た。

  今日は食事も試運転という感じだったが、ほとんど吐かなかったからよかった。今日のゆうまは食べ物のことで騒いで、オムツを替えて泣いて寝るというサイクルで一日が終わってしまったが、明日は元気に遊べるようになればいいなと思う。

熱は下がったが食べ物は食べられず

  今日は幼稚園があったが、行けるような状態ではなく、午後からの運動療育も休むことに。朝に熱を測ったら38度台まで熱は下がってくれた。だが、依然として吐き気はおさまらず、水分を取る度に嗚咽してしまっていた。だから、今日も病院へ。早めに着いたので待合室で待ってようと思ったが座ってられず、横になっていたら、昨日の処置室に寝かせてくれた。今日は吐き気止めの座薬を入れたのだが、特に泣き叫ぶこともなく出来たから、看護師さんが褒めてくれた。やはり胃腸炎らしいが、明日も治らないようなら大きな病院に行ってみたらとの話だった。

  家に帰ってからは、座薬が効いたのか吐き気も落ち着き、すぐに昼寝をした。起きてからも特に吐くこともなく熱も下がったので落ち着いて過ごしていた。ただ、食べることだけは慎重にやっていたので水分しか摂っていなかったが、ゆうまもお腹がすいているようで、いろいろ食べたいとアピールしてきた。とりあえず重湯を飲ませてみたら特には問題なかった。まだ食べたそうだったので今日はこれだけと言ったら、おかゆにワカメを入れて食べたいとか、治ったらいつものラーメン屋さんとかうどん屋さんに行きたいと言ったりして食べ物の話ばかりしていた。ゆうまが食べたいのに食べさせてあげることができずにママもつらかったようだ。食後になり、ゆうまがお腹が痛いと言い出した。吐くことはなかったから、うんちがしたかったのかもしれない。でもうんちはしなくてママも心配していた。

  パパが21時くらいに帰ったときにママと小声で話をしていた。顔色も昨日よりはよかったので少し安心した。ママと明日も病院という話をしていたら、ちゃんと聞こえていたようで、えーっ、と言っていた。意識もはっきりしていたから安心した。でもパパが帰ってからもお腹が痛いと泣いていた。お腹をさすっていたが、あまり変わらなかった。そのうちに痛みがおさまったのか、22時すぎくらいに寝た。今日は熱は下がってくれたからよかった。明日は食べられるようになるといいなと思う。